製品情報-木材表面加工機 ヒートローラ HR-210
木材表面加工機 ヒートローラ HR-210
木材表面加工機 ヒートローラ HR-210
商品の特徴

木材をヒートローラで熱圧加工すると・・・

木材をヒートローラで熱圧加工

木材表面が硬くなる (当社比 40%UP)

杉材がヒノキ同等の硬度になり、耐久性・光沢が向上し傷がつきにくくなる。
手垢等の汚れが付着しにくく、付いても未加工の木材に比べ拭き取りが容易

浅いうづくり加工も出来る。
浅いうづくり加工も出来る。

自動カンナ仕上面が、
ヒートローラで熱圧加工すると

超仕上カンナ以上の仕上がりに出来る。
機能紹介動画
主要機能
■機体寸法 高さ 1204mm × 幅 1150mm × 奥行 790mm
■木材加工寸法 最大巾 210mm × 厚さ 6〜100mm × 長さ 150mm〜
■仕様 ヒータ
送りモータ
200V 2.1k(ローラ)
三相 200V 0.4kW
ヒートローラ Φ250 × 210 200℃